リモート閲覧室

リモートアクセスモニタリング活性化の取り組み

日本CRO協会は、「臨床研究・治験活性化5か年計画2012」にてリモートSDVが提唱されたことを契機として、協会事務局内(東京都中央区)にリモートアクセス専用の閲覧室を設け、リモートアクセスモニタリングの普及・啓発に取り組んできました。

これまでに、協会のリモート閲覧室から接続できる医療機関は、静岡がんセンター、香川大学医学部附属病院をはじめとして、北海道大学医学部附属病院、四国がんセンターなど、徐々に増加しています。

昨今、COVID-19の流行による医療機関への訪問制限及び治験の効率化の観点から、リモートモニタリングの重要性が認識され、様々な手法が検討されています。ところが、「リモートモニタリング」と「リモートアクセスモニタリング」、「リモートSDV」の用語が明確に区別されておらず、「リモートSDV」があたかも「リモートモニタリング」や「リモートアクセスモニタリング」と同義の用語として解釈されるなど、現場では混乱がみられています。

日本CRO協会はこのような状況を整理して、以下のとおり用語の定義を行いました。

リモートモニタリング
リモートモニタリングとは、実施医療機関への訪問によらないモニタリングを指し、オフサイトモニタリングと同義である。*
リモートアクセスモニタリング
リモートアクセスモニタリングとは、リモートモニタリングの内、システムを用いて原資料等へのアクセスを行いモニタリングを行う行為を指す。
リモートSDV
リモートSDVとは、リモートアクセスモニタリングの内、「実施医療機関外から原資料(正確な複写であることが検証によって保障された複写物又は転写物を含む)を閲覧しSDVすること」**である。
用語の定義

閲覧室の写真

閲覧室の写真
閲覧室の写真
閲覧室の写真

手順書と様式

個人情報保護の講習

利用される方には事前に個人情報保護の講習を受講いただいております。

利用できる医療機関

閲覧室の利用方法および利用料金について

予約方法

予約可能時間は 9:30-17:30 (平日のみ)

当日の持ち物

  • 本人確認ができるもの(写真付きの社員証や運転免許証)
  • 医療機関から付与されたID/password

協会へのアクセス

一般社団法人 日本 CRO 協会
〒103 0023 東京都中央区日本橋本町 2 3 11 日本橋ライフサイエンスビルディング 504

<交通機関>
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅 A6 出口より徒歩 3 分
JR 総武快速線「新日本橋」駅 5 番出口より徒歩 3 分
JR 「神田」駅東口より徒歩 10 分

利用料金(2021年4月)

  • いずれも、利用のあった月のみお支払いいただきます
  • ご利用状況や施設側の要求により変更される場合があります
  • 2021年3月末までは、無料でご利用いただけます

リモート閲覧室利用料(閲覧室の維持、運営管理に要する費用)

協会の正会員 無料
協会の賛助会員 5,000円/月(消費税別)
会員外 10,000円/月(消費税別)

施設毎の利用料

施設毎に決められた料金(ネットワーク利用料、ID使用料等)がございます。
詳細はお問い合わせください。

ページの先頭に戻る