会員企業の受託状況

2019年 会員企業の受託状況

総売上高

総売上高

出典:日本CRO協会 年次報告書(2019)

  • 2019年の会員総売上高は2018年より48.6億円(1,901.3億円→1,949.9億円)2.6%増加しました。

会員総売上高の領域別の推移

会員総売上高の領域別の推移
会員総売上高の領域別の推移

出典:日本CRO協会 年次報告書(2019)

  • 総売上高に占める医薬品開発関連業務の売上は88.8%を占め、9.6億円(1,740.3億円→1,730.7億円),0.6%増減少しました。医療機器開発関連業務は10.8億円, 26.6%増加し、51.6億円となりました。

医薬品/医療機器/食品関連合計売上高の業務別推移

医薬品/医療機器/食品関連合計売上高の業務別推移
医薬品/医療機器/食品関連合計売上高の業務別推移

出典:日本CRO協会 年次報告書(2019)

  • モニタリングは21.9億円(-2.1%)、DM/統計は13.0億円(-4.2%)、GVP関連(PV)業務は12.9%減少しました。
  • 臨床研究業務は12.3億円、30.4%増加し52.9億円となり、また新たに分類した再生医療等製品は25.3億円となりましたました。

医薬品業務売上高のフェーズ別推移

医薬品業務売上高のフェーズ別推移
医薬品業務売上高のフェーズ別推移

出典:日本CRO協会 年次報告書(2019)


  • フェーズ別売上はPhaseⅠ~IIIは0.6%増加しました。製造販売後臨床試験は33.0%の減少、製造販売後調査は25.7%増加しました。
医薬品関連モニタリングプロジェクトの疾病領域別内訳
医薬品関連モニタリングプロジェクトの疾病領域別内訳

出典:日本CRO協会 年次報告書(2019)


※モニタリングプロジェクト総数のうち、有効回答プロジェクト数(合計:980)のみ分類しています。


  • 疾病領域別プロジェクト数の割合では、腫瘍が多く、次に中枢神経系、代謝性疾患の順でした。
ページの先頭に戻る