インタビュー

グローバルスタディや再生医療分野など、新領域の仕事にも積極的に挑戦し、CRAとして成長していきたい。

K.Kさん写真
プロフィール背景
薬学部から入社
CRA(臨床開発モニター)
入社3年目 K.K

PROFILE

大学では、薬効学研究室に所属し、糖尿病治療薬による長寿遺伝子の活性化メカニズムを研究してきた。薬剤師とCRA(臨床開発モニター)の双方を視野に入れて将来の進路を熟慮した結果、CRO業界を選択。入社後は、GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令)などを中心とする座学や、実践的なロールプレイングなどの研修にて、CRAとしての基礎を学んだ。臨床開発部に配属後も、日々向上心を持ってモニタリングの仕事に取り組んでいる。

CRO業界を選んだ理由は?

薬学部出身者は薬剤師になる人が多いのですが、私は2つの理由からCRO業界を選びました。1つめは、これまでになかった新薬を世に送り出す仕事に携われるためです。薬学部5年生の時、病院・薬局実習にて薬剤師の仕事を体験しました。その実習において、患者さんに投薬するさまざまな薬剤が、どのような過程を経て開発・使用されるに至ったのかという、医薬品を使用するだけでは見えてこない未知のフィールドに大きな魅力を感じ、その開発過程に関われる仕事をしてみたいと考えたのです。2つめは、多くの人と関わることのできる魅力です。CRAは、製薬会社やドクターはもちろん、CRC(治験コーディネーター)や薬剤師、医療事務など、さまざまな人と緊密に連携しながらプロジェクトを進めていきます。こうした機会を通じて、社会人としての能力を高めていけるのではないかと考えました。

現在の仕事内容を教えてください。

現在、臨床開発部のCRAとしてモニタリングの仕事を担当しています。モニタリングとは、製薬会社など治験依頼者の実施する治験が、GCPや標準業務手順書、治験実施計画書などに従って実行・記録・報告されていることを確認・保証する活動です。すなわち、治験依頼者と医療機関との情報交換のパイプ役として適正な新薬開発を実現していくこと——それが私たちCRAの役割です。CRAとして心がけていることは、新薬を待ち望んでいる患者さんの気持ちを忘れないことです。“病気で苦しんでいる人の助けになりたい”という強い思いのもと、CRAの職務に誇りを感じながら、日々真摯な気持ちで仕事に取り組んでいます。

インタビュー風景
インタビュー風景

仕事の魅力・やりがいは?

治験での成果をドクターやCRCから教えてもらえた時は、本当に嬉しくなります。慢性疾患に長年苦しんでいた患者さんから「症状が改善されて毎日が本当に楽しくなった」といった喜びの声が寄せられたこともあるそうです。こうしたインパクトのある新薬開発に携われることが、CRAという仕事の大きな魅力であり、やりがいでもあります。また、治験期間中、ドクターから「この薬はいつから使えるようになるのか」と度々質問されることもあり、その新薬の重要性を実感すると同時に、迅速・確実に上市しなければならないという使命感にかられます。

仕事に求められる専門性とは?

私は、薬学部出身ですが、必ずしも薬の知識がないとCRAになれないわけではありません。実際、当社の臨床開発部のメンバーも半数以上が薬学部出身者以外の人材で占められています。入社前から知識があるに越したことはありませんが、それよりも入社してからの意欲や向上心の方が一層重要です。さらにCRAに求められる専門性は、単なる知識・情報よりも経験や場数を踏むことによって得られる要素が大きく、私自身も、これまで先輩の担当施設に同行したり、あるいは私の担当施設に同行してもらうことによって、CRAとしてのスキルを吸収してきました。また、前述したようにCRAは、臨床開発プロジェクトにおける情報交換の中核を担いますから、全てのステークホルダーに対して誠実であり、他者を思いやる姿勢が欠かせません。

インタビュー風景
インタビュー風景

今後のキャリアビジョンは?

近年、医薬品開発の情勢は、ローカルスタディからグローバルスタディ(国際共同治験)へと移行しつつあります。今後、モニタリング業務の大部分が英語に置き換わることを見据えて、英語力の修得に力を注いでいきます。また、製薬業界では、将来の創薬・臨床研究の主軸として、iPS細胞などを利用した再生医療分野への参入が活発化しています。業界の動向を注視しつつ、こうした新領域の仕事にも積極的に挑戦していきたいと考えています。

オフタイムの過ごし方は?

プライベートな時間は、会社の仲間や学生時代の友人とお酒を飲んだり、会社のフットサルチームに参加して汗を流したりしています。また、旅行が好きなので、最近は会社の同僚と海外旅行の計画を立てているところです。業務に支障がない限り自由に有給休暇を取得できるのもオフタイムの充実につながっていると思います。

CRO業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

これまでにも多くの薬が開発されてきましたが、世界にはまだない新薬を心待ちにしている患者さんがたくさんいます。そんな人々の役に立ちたい、治療の手助けがしたいという思いがある人にとって、CROはとても魅力的な業界です。また、業界としての歴史は浅いものの、それだけに今後の伸びしろは測り知れません。社会貢献度の高さと成長性を兼ね備えたこの業界で、皆さんもキャリアアップを図って欲しいと思います。