インタビュー

「食の安全」に関する知見を活かし、医薬品の安全性を守る仕事で社会に貢献したい。

食品業界から
転職
PV(安全性情報対応)
入社1年目 I.T

PROFILE

大学で薬学を専攻し、大学院では微生物が毒性を発現するメカニズムを遺伝子レベルで研究した。安全な食品を提供する仕事に魅力を感じ、養鶏場の安全・衛生管理や、食品に関する基礎研究などに取り組んできた。そうした中で、薬学のバックグラウンドを活かせる医薬品の安全性情報対応(PV)という専門職種の存在を知り、CROに転職。以来、治験および製造販売後調査におけるPV業務に携わっている。

転職してCRO業界を選んだ理由は?

学生時代から“食の安全”に関心があり、大学院修了後は食品業界で安全・衛生管理、製品開発の仕事を経験してきました。その後、次のキャリアを考えていろいろ調べているうちに、医薬品の安全性をデータに基づいて検証するPVという専門職があること知り、中途採用に応募しました。CROの面接を受けて、専門特化が進んだ製薬会社よりも幅広い医薬品に関われる魅力や、医薬品の安全性を実証する厳格なプロセスを基礎から学べる環境があることを知り、転職を決断しました。そもそも私が薬学部に入ったのは、かつて親族が入院中に薬の副作用で苦しんだ経験から、副作用の少ない安全な薬をつくりたいと考えたからでもありました。多少遠回りしましたが、今では自分が求めていた仕事に巡り会うことができたと実感しています。

現在の仕事内容を教えてください。

PVの役割は、治験や製造販売後調査のプロジェクトにおいて、副作用など安全性に関わる情報を収集し、評価・報告を行うことです。治験プロジェクトでは、当社のCRAが新薬の有効性や安全性に関する情報を収集しています。一方、製造販売後調査では、製薬会社のMRから市販中の薬剤の服用結果などに関するさまざまな情報が寄せられてきます。こうした情報の中に、例えば「薬を飲んだら発熱した」といった有害事象が疑われる内容があった場合、私たちPVはその症状の重さや、薬との因果関係、既知の事象かどうかなどを分析・評価します。そして、社内のメディカルドクターの確認を経て、評価結果を製薬会社や医療機関にフィードバックしています。

仕事の魅力・やりがいは?

医薬品の安全性、すなわち人命に関わる仕事だけに、各種の法令やガイドライン、社内規定などを遵守し、正確、迅速に仕事を進める必要があります。例えば、有害事象を分析・評価した結果、副作用が重篤なものであれば、所定の期間内に行政当局(医薬品医療機器総合機構)に報告書を提出する義務があります。その結果、市販後の薬であれば、添付文書が改定され新たな副作用の記述が追加されることもあります。社会的責任が大きい職務だけにプレッシャーはありますが、業界の最前線で医薬品の安全性を守っているという誇りを感じながら働ける魅力的な仕事です。

仕事に求められる専門性とは?

医薬品や人間の生理学的な知識が活きる仕事であるのはいうまでもありません。ただし、これらは非常に幅広くかつ奥深い世界です。そのためすべてに精通するのは困難ですが、これらの分野に興味・関心を抱き、新しい知識を積極的に吸収していく知識欲、向学心は不可欠だと思います。私自身、人体と医薬品の関係は個人的にも非常に興味を持っていた分野なので、日頃から知見を広げられるよう努めています。

今後のキャリアビジョンは?

転職1年目であり、プロジェクトを遅延なく遂行できるよう努力しているところです。今はまだ自分の仕事をこなすだけで精一杯の状態ですが、指導いただいている上司などは、一人で複数のプロジェクトを適確にマネジメントしているのでとても感心させられます。今後は、業務に必要な知識を身につけると同時に、こうしたマネジメントのスキルも積極的に学び、周囲から信頼され、頼られるようなPVになりたいと思います。

オフタイムの過ごし方は?

新規プロジェクトの立ち上げ時を除けば、夜7時前には帰宅できるので、できるだけ早く家に帰って家族と過ごす時間を大切にしています。2歳の子供がいるので、休日は近所の公園に行って一緒に遊ぶのが楽しみです。将来、2人目の子供が出来たら育児休暇なども利用したいと考えています。

CRO業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

繰り返しになりますが、医薬品のビジネスは、さまざまな法令やガイドラインが定められている仕事なので、期限やルールをきっちりと守る誠実さがないと務まりません。この部分で適性がある方ならば、PVは社会への貢献度も高くとても魅力的な仕事だと思います。業務に必要な知識は入社後にもしっかり学べますので、薬学分野に限らずいろいろなバックグラウンドを持った方に挑戦して欲しいですね。