インタビュー

医薬品の安全性・有効性を支える社会的責任の大きさが、やりがいにつながっています。

大学院から入社
DM(データマネジメント)
入社5年目 C.I

PROFILE

大学院では、医科学を専攻し、主に重金属が生体に及ぼす影響などについて研究してきた。CRO入社後は、治験および製造販売後調査のDM(データマネジメント)業務を担当し、入社2年目から約2年間は製薬会社に派遣され、製造販売後調査の進捗・予算管理やメディカルライティングなどの業務を経験。この時期に、多くの解析結果を見る機会を得たことが、統計解析部門にとって作業しやすいデータのまとめ方を考える上で役立っているという。

CRO業界を選んだ理由は?

大学院での専攻が医薬品とはほとんど関わりのない研究であったため、就職活動を始めた頃は、CRO業界の存在すら知りませんでした。しかし、私たちに身近な存在である薬も服用方法を間違えれば健康に害を及ぼしかねませんし、薬の安全性や効果はどのように評価しているのだろうかと考えるうち、製薬業界に関心を抱きました。さらに大学時代の先輩や同期の中にCROに就職した人がいたこともあって、CROを候補に加えて活動を進めました。その結果、より現場に近いポジションで医薬品の評価に携わることのできるCROに就職することにしました。

現在の仕事内容を教えてください。

治験や製造販売後調査のプロジェクトでは、協力いただいている医療機関から収集した症例情報を、生物統計学に基づいて統計処理することで、安全性や有効性を証明するデータを導き出します。しかし、収集した情報には、矛盾する記述内容や誤記載などが含まれていることも少なくありません。そこで、これらの情報の整理・確認を行い、必要があれば事実確認や修正依頼するなどして、統計解析処理しやすい正確で整合性の取れたデータを作成するのが、私たちDMの役割です。この業務で最も重要になるのは関連部門との緊密な連携です。統計解析担当やコンピュータシステムの担当はもちろん、治験であればモニタリングを行うCRA(臨床開発モニター)など、さまざまな部署と連携しながらプロジェクトを進めていきます。

仕事の魅力・やりがいは?

自分が管理するデータが、最終的には医薬品の安全性・有効性評価のベースになるということに大きなやりがいを感じています。特に、現在メインとなっている製造販売後調査では、事例数が非常に多い上に、治験と異なり薬の服用条件などを厳密に管理できないので、データの不整合が多発することがあります。これをクリーニングするのは大変な作業です。しかし、このデータを解析した結果、治験では見つからなかった副作用の確認につながるかもしれない——そんな社会的責任の大きさを噛み締めながら、正しい解析結果を導き出せるように徹底したクリーニングに努めています。

仕事に求められる専門性とは?

医療機関から収集した症例情報を取り扱う仕事なので、医薬品の知識はもちろん幅広い疾患や臨床検査に関する知識があると役立ちます。クリーニング作業の中には、システムで自動的に確認できる項目もありますが、記載内容を読み込んで人間がチェックしなければならない項目も少なくありません。そうした作業においては、やはりさまざまな疾患領域のプロジェクトを担当するなど、経験の蓄積がモノをいう仕事だと感じています。もちろん、新規調査が始まる際には、対象の疾患などについての研修が実施されますので、まだ経験が少ない人でも業務に必要な基礎知識を身につけることができます。

今後のキャリアビジョンは?

近年は国際共同治験が増加していますので、いつかプロジェクトにアサインされた時を見据え、社内研修で英語力向上に取り組んでいます。また、これまでは上司や先輩の方々に育てていただく立場でしたが、5年目を迎え、今後は後輩の育成にも力を注がないといけないと考えています。

オフタイムの過ごし方は?

繁忙期を除けば、比較的休暇を取りやすい職場なので、最近はよく海外旅行を楽しんでいます。今年はヨーロッパやアジアを旅しました。休暇中は仕事を忘れて思い切りリフレッシュしています。また、平日の勤務後や週末には、職場の仲間と遊んだり、飲んだりする機会も多いですね。仕事以外でも交流を深めることによって、互いの人となりや考え方などが理解できるようになり、それが業務における円滑なコミュニケーションにも役立っていると感じています。

CRO業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

CROは、いろいろな医薬品の開発プロジェクトに携わってみたいと考える人に最適の職場です。製薬会社の場合、それぞれの会社で得意な領域が決まっていますが、CROは複数の製薬会社から仕事を受託しているため、幅広い領域の医薬品の開発に携わることが可能です。また、治験から製造販売後調査まで受託しているCROであれば、医薬品ビジネスの幅広いプロセスに関わることができます。何にでも挑戦してみよう!という熱意を持った人と、一緒に働きたいと思います。