CRA教育研修について

趣旨

CROの受託業務の核ともいえるモニタリング業務において、日本CRO協会に所属するモニターの業務実施レベルをできるだけ均質化し、業務実施水準を底上げするために、当協会は平成19年4月1日付けで「モニター教育研修制度(導入研修)」を施行し、現在では「CRA教育研修制度」として実施しております。

  • 詳しく

    • その後、当協会では、新たに「モニター教育研修制度(継続研修)」を策定し、さらに、継続研修を修了したモニターを対象に「日本CRO協会モニター教育研修修了認定」の実施を決定し、これら3制度からなる新『モニター教育研修制度』を平成21年4月1日付けで施行しました。次いで、平成23年4月1日には、研修対象者をQC/QA担当者等を含めた『CRA』に拡大し、『CRA教育研修制度』に名称を改めました。当該制度には、当協会の正会員・賛助会員が参画しております。

      CRA教育研修制度(導入研修)(継続研修)

      当協会が導入・継続教育研修に係る基準(カリキュラムガイドライン)を定め、会員各社が当該基準に基づき教育研修プログラムを策定し、自社のCRA(候補者)に対して当該教育研修プログラムを実施する制度です。

      CRA教育研修修了認定試験

      「CRA教育研修制度(導入研修)」の修了者に対し、当協会が『日本CRO協会CRA教育研修修了認定試験』を実施し、合格者として、当協会がCRA業務を実施するに必要な知識を有する者であると認定する制度です。

      日本CRO協会CRA認定更新のための確認試験

      「CRA教育研修制度(継続研修)」の修了者に対し、当協会が『日本CRO協会CRA認定更新のための確認試験』を実施し、その合格者は資格更新に必要な経験・知識を有する者であると認定する制度です。

教育研修の仕組み

教育研修の仕組み

CRA教育研修の総則・細則